Harippi Museum
AKB48 45thシングル選抜総選挙
兒玉遥応援ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加

AKB48 45thシングル選抜総選挙 兒玉遥応援ページ

 

 2015年3月20日の写メ会にて、AKB48 45stシングル選抜総選挙の開催が発表されました。あのヤフオクドームでの17位から1年、 あの舞台での兒玉さんの涙を1日たりとも忘れたことはありません。今年こそ私たちの手で兒玉さんを16人選抜に押し上げましょう。
 本ページでは兒玉遥さんの紹介とともに、兒玉さんのことが分かるお勧め動画、選挙応援ポスター、選挙応援動画を紹介していきます。  

Pick UpUP

 

スマートフォンからの投票方法説明

PDF版はこちらから

兒玉遥とは?

 
 兒玉遥さんの紹介は本サイト含めいろんな方が作った以下の応援サイトでまとめられています。
  • 兒玉遥プロフィール
      本サイトの兒玉遥さんの紹介ページです。簡単なプロフィールと兒玉さんがどんな人かを紹介しています。
  • はるっぴの物語
      兒玉遥さんのHKT48デビューからこれまでの活動を物語風に紹介しています。必見です。
  • 兒玉遥への評価
      本サイトの紹介ページの一部です。新聞や雑誌での兒玉さんに対する評価や、兒玉さんの人柄が分かる他メンバーのgoogle+を紹介してます。
  • 兒玉遥への評価(兒玉遥wiki)
      兒玉遥wikiの紹介ページの一部です。HKT48、現場のスタッフからの兒玉さんに対する評価を紹介しています。

去年の総選挙

 

追い風と募る不安

 一昨年、総選挙で21位になった兒玉さんは、その直後にファンサービスの動画を作成しgoogle+にアップしました。 その動画の中ですでに「来年は選抜入りを目指す」と宣言しています。その後のインタビューでもずっと答えてますが、 この年はずっと選抜に入ることを意識していたと語ってます。  前の年に初のシングルセンターになるなど、16位以内の候補として兒玉さんの名前が多くのメディアで挙げられるようになってました。 さらに総選挙では多くの選抜メンバーが辞退、卒業し、兒玉さんはその時点で16位相当の順位になっていたのです。 傍から見れば大きな追い風が兒玉さんに吹いていました。その一方で兒玉さんの中では選抜入りを意識するあまり「選抜を目指す」から 「もし入れなかったらどうしよう」に変わっていったようです。 (ブブカ2016年8月号インタビューより)。

速報8位

 投票開始となり、速報結果が出ました。前回の総選挙では10位という好成績でしたが、この年の速報順位は自己最高の8位。 AKB48のセンターにもなった宮脇さんの12位をも上回る好成績で本番の順位に非常に期待が持てる投票数でした。 ただ、兒玉さんは例年最終順位は速報の順位から落とした位置になっていたのも事実でした。
 兒玉さん自身もその事実を認識していて、ファンの人たちの「今年は大丈夫でしょう」という思いを 握手会で敏感に感じてたようで、モバメでもその不安な気持ちを告白してました。 私たちファンも決して油断していたわけではなかったのですが、速報結果のこともあって 危機感が薄れたのは否めなかったと思います。

最終結果17位

 迎えた総選挙開票イベント。ネクストガールズ発表まで兒玉さんの名前は呼ばれませんでした。アンダーガールズで呼ばれなければ 兒玉さんの選抜入りが決定します。アンダーガールズの発表が32位から順次呼ばれていきました。票数的にはアンダーガールズは比較的低い水準でした。 前年、兒玉さんは21位で33000票だったのが、同じ21位でも28000票に落ちていました。 これは選抜に行ける!と思ったら19位からいきなり35000票まで上がります。そして18位になると一気に43000票まで跳ね上がります。 でもまだ兒玉さんの名前は呼ばれてませんでした。あと一人呼ばれなければ選抜入りが決定したのですが、17位で無情にもその名前が呼ばれます。

 17位 43985票 HKT48チームH/AKB48チームK兼任 兒玉遥

 去年だったら13位に入っていた投票数でした。選抜のボーダーが5000票も上がったのです。
 呼ばれた瞬間、兒玉さんは号泣してました。指原さんはずっと兒玉さんの手を握ってましたが、名前が呼ばれると力なくその手を離し、 宮脇さんは驚いた表情で手で顔を覆いました。兒玉さんはそのまま立ちあがって泣きながら壇上に向かい始めました。 (このときテレビの音声には兒玉さんの嗚咽の声がはっきりと入っています)。テレビやドキュメンタリー映画、総選挙DVDには入ってませんでしたが、 壇上に向かう途中でしゃがみ込みそうになるのを我慢して地団駄を踏んで悔しがる姿を見せました。

スピーチ

 そんな状態でもスピーチはしなければなりません。壇上に向かうときは泣きじゃくっていましたが、 ステージの上に立つと気持ちを切り替えたのか毅然とした態度で他のメンバーのスピーチを聞いてました。 いろんなメンバーの悲喜こもごもの中迎えた兒玉さんのスピーチ。 目を涙でにじませながら満面の笑顔でスピーチを始めました。

「17位という素晴らしい順位を投票して下さった皆さん、ありがとうございます!」

 悔しい思いがあるはずなのに、17位を素晴らしい順位と言ってファンの皆に お礼を言いました。ときどき泣きそうになり堪えては笑顔を作ってスピーチする様は本当に立派でした。 スピーチでは健気に頑張ってましたが、舞台裏では指原さんをはじめ、多くの人に慰めてもらったようです。 その次の日、一生分泣いたというモバメが来ました。

それからの1年

 それからの1年は良くも悪くも17位という順位が反映された1年となりました。 HKT48のセンターは継続できました。歌番組では他のメンバーのアンダーでは呼ばれるようになり、マジすか5では主要キャストにも選ばれました。 その一方で、AKB48のシングル選抜には1度も呼ばれることはなく、 AKB48のコンサートでも演出の中心となる16人として選ばれることはなかったのです。
 兒玉さんの立ち位置としては前年から変わることはなく、どちらかといえばより多くの仕事を任せられるようになったのですが、 ひとつ失ったものがありました。それは兒玉さんの自信です。指原さんが「スーパーポジティブ」と評するように いつもポジティブだったのが兒玉さんの持ち味だったのですが、以前のような前向きな発言は少なくなりました。 1月に公開されたドキュメンタリー映画ではその心中を語っており、「HKT48を引っ張っていってほしい」という指原さんの発言に 即答することができませんでした。

今年の総選挙に向けて

 今年も総選挙の開催が発表され立候補の受付が始まると、兒玉さんは他の複数のメンバーとともに 一番で立候補しました。その気持ちをgoogle+でこのように語ってます。

今日は、総選挙立候補届けを出してきました!!

総選挙に対しては、不安はありますし
正直、自信をもてない自分がいますが
出場することに迷いはなかったので
受け付け開始後、すぐ提出しにいきました。

まだ、はっきりとした目標などはお伝えできそうにありませんが
去年の私を更新できるようにがんばりたいです!

 ここからは本サイト管理人の気持ちです。コラムでも同じことを書きましたがここでも書かせていただきます。
 今年の総選挙はこの1年で手に入れることができなかった物、無くしてしまった物を取り戻したいです。
 一つ目は兒玉さんのAKB48選抜入り。 去年の選抜までの票数は652票。これは私たちファンで十分フォローできた票数だと思ってます。 たらればを言ってもしょうないというのはありますが、しかし私たちはこのわずかな票数差で逃したことを経験しました。 この経験を今年に生かし、手に入れることができなかったAKB48選抜の席を今度こそ手に入れましょう。
 二つ目は選抜に入れば経験できたはずのこの1年。 アイドルにとって貴重な10代の時間。この18歳の期間に選抜の経験させることができなかったことは 大きな大きな損失だったと思ってます。それは単に選抜入りしただけでは取り戻せないのです。 過ぎた時間は戻せませんが変わりの物をプレゼントすることはできます。 選抜末端の順位に入れるのではなく、もっと上位、できれば10位以内を目標にしてみませんか? そうなったときに初めてはるっぴに恩返しできる気がします。
 そして三つ目は兒玉さんの自信。彼女は自分のことをまだ選抜メンバー、特に指原さんと宮脇さんとの大きな差を感じているようです。 差は事実あります。ですが、おそらく事実以上に彼女は自分を低くとらえているようです。 自信、勇気は単なる強がりではなく、本人を大きく成長させるものだと思っているますし、 かつての兒玉さんはそれを体現していたのですが、今は自信を無くして自分の可能性を閉ざしているように見えます。 私は兒玉さんはAKB48の選抜メンバーにふさわしい実力を持っていると思うし、そしてもっと成長できる子だとも思ってます。 彼女が自信、正確にいえば勇気を取り戻すには今年の総選挙で結果を出す以外ないと思います。
 ファン皆で力を振り絞り限界を超えましょう!失ったこの1年を取り戻しに行きましょう!

政見放送2016UP

 2016年のはるっぴの政権放送です。(下記画像をクリックするとGyaoで再生します)

総選挙応援ポスター

 
 兒玉さんのファンの方々が作成した、総選挙応援ポスターです。
 現在、ポスター総数89個です。

↑ PAGE TOP