Harippi Museum

兒玉遥プロフィール

このエントリーをはてなブックマークに追加
profile1 profile2 profile3 profile4 profile5

兒玉遥

(こだまはるか)

  • ニックネーム:はるっぴ
  • 生年月日:1996年9月19日 AM3:46(18歳)
  • 血液型:O
  • 出身地:福岡県
  • 身長:158cm
  • 所属:HKT48 チームH / AKB48 チームK兼任
  • 趣味:カメラ・ぬりえ
  • 特技:うさぎのモノマネ
  • チャームポイント:ショートヘア

総選挙第9位

 

「どんなにつらいことがあってもあと一歩、1mm先だと信じて進んでいたら頑張ることができました。」

 2016年のAKB48 45stシングル選抜総選挙において兒玉遥さんは9位にランクインしました。前年度、後一歩のところで16人選抜入りを逃した兒玉さんは、 これまでの道のりを振り返るように堂々とスピーチを行いました。
 兒玉さんは福岡を拠点とするAKB48の姉妹グループ「HKT48」の一員で、HKT48の創立メンバーの一人です。2013年3月にHKT48として初めてのシングル「スキスキスキップ」でメジャーデビューを果たし、このときの16人選抜メンバーに選ばれています。 2ndシングル「メロンジュース」でも選抜メンバーに入り、創立以来、ずっとHKT48の中心メンバーとして、劇場公演、テレビ、ラジオなどで活躍しています。4thシングル「控えめI Love You」では自身シングル初となるセンターを務め、 勢いのあるAKBGの若手メンバーの一人として、選抜入り有力候補に上がってました。

チームH所属、チームK兼任

 

 HKT48ではチームHに所属しています。初期のチームHではチームセンターを任されていました。2011年11月に活動を開始したときから博多にある(正確には地行浜)HKT48劇場で活動をしています。 2012年にはAKB48から指原莉乃さん、多田愛佳さんが移籍して、チームHとして一緒に公演活動をしています。
 また、2013年4月にはAKB全グループの武道館コンサートにおいて、AKB48チームAとの兼任が発表されました。当時のチームAは、高橋みなみさん、渡辺麻友さん、横山由依さんなどの有名メンバーが在籍していたチームでした。 2014年2月のAKB48大組閣ではチームAからチームKに移動になり、キャプテン横山由依さんのもと、松井珠理奈さん、山本彩さんと一緒のチームになりました。現在、兒玉さんは福岡、東京を多い時で週1ペースで往復し、博多、秋葉原両方の劇場で公演活動を行っています。

ステージの上の妖精

 

 キャッチフレーズは「博多の妖精」。ステージの上の兒玉さんは妖精という言葉が本当にしっくりくる声と容姿で、明るく元気に歌って踊ります。 まばゆい笑顔で口を大きく開けて楽しそうに歌う姿は見ていて飽きることがありません。またテレビでもその聴くだけで妙に和む可愛い声で無邪気にはしゃぐ姿は 見ている私たちを本当に楽しませてくれます。料理ができるなど意外としっかりしているところがある一方、ちょっと天然でドジなところがあり、そこがまた一層愛おしく思わせます。 最近はもともとあった無邪気さに加え、容姿が大人びてきて「可愛い」から「綺麗」な女性に変身中です。それでもステージに立てば妖精を思わせる可愛さと無邪気さで私たちを魅了します。

おでこと滑舌

 

 兒玉さんは自分のチャームポイントとしておでこと答えてます。兒玉さんの髪型はおでこを出したセンター分けのショートカット。いそうでいないこの髪型は 約250人いるAKBGメンバーでも兒玉さんだけの特徴です。コンサートなどで人が豆粒にしか見えない遠い場所でも、この髪型のために兒玉さんだけは判別できます。
 また、可愛い声質と独特の滑舌も兒玉さんの重要なチャームポイント。声は甲高く可愛いのですが滑舌が悪く、しょっちゅう噛んでしまいます。 本来ならば短所になるはずの滑舌が悪さなのですが、総選挙のスピーチのときのように、兒玉さんがしゃべるとその可愛い声質とともに妙に場がなごみます。 しょうがないなと思いつつ、独特の愛嬌もあってとにかく憎めない、逆にずっと聞いていたくなる、愛でたくなるようなチャームポイントです。

ダンスパフォーマンス

 

 髪型と可愛い滑舌があまりにも印象的な兒玉さんですが、ライブパフォーマンスも彼女の大きな魅力のひとつです。 誰よりも大きく踊り、誰よりもきびきびと踊るダンスは、チーム全体で踊っているときでも妙に目立ち、目を引きます。 そしてちょっと気になって、彼女をちょっと見て追いかけると、そのままずっと追いかけてしまって、もう目が離せなくなります。
 もともとダンス素人でHKT48に入り、当初は特別にダンスがうまいというわけではありませんでした。ただ、強弱のかかったポージングと印象的なシルエットを残すダンスは劇場デビュー当時からの特徴です。 近年は持ち前の頑張りとチームA兼任もあってダンスのキレと表現力が増し、AKB新聞でMVPにも選出されるなど、多くの人の評価を得るようになっています。
 後述する豊かな表情と合わせて、松井珠理奈さんや山本彩さんのようにプロフェッショナルライクなダンスとはまた違った、全力のアイドルパフォーマンスはAKBGでもオンリーワンだと思っています。

豊かな表情

 

 2013年の総選挙で2位に大島優子さんが呼ばれ、指原莉乃さんの1位が決定したとき、口を大きく開けたあんぐり顔の兒玉さんがテレビに映りました。 また、篠田麻里子さんが卒業発表したとき、泣いているのに、癖である頬をぷっくり膨らませる表情も見せてくれました。 この漫画のようにころころ変わる表情も兒玉さんの魅力の一つです。
特に頬を膨らませる癖は、テレビ収録で話している最中、ライブで全力に踊っている最中いつでも見せてくれます。 ライブ中のパフォーマンスはダンスだけでなく、アイドルらしい表情でも観客を魅了し、その魅力はAKB48の多くの先輩達がいるチームAの中であっても際立ってます。

うまくやるより全力でやる

 

 愛でたくなる可愛さの一方で、ものすごい努力家です。座右の銘は「うまくやるより全力でやる」。 HKT48の他のメンバーが兒玉さんのことを語るとき、必ずと言っていいほど「努力家」という言葉が出てきます。 HKT48初期の支配人である佐藤支配人も、兒玉さんをセンターに抜擢した理由として、一番の頑張り屋だったからだと語っています。 時には空回りすることもあったり、失敗することもあるけど、常に何事に対しても全力で取り組みます。 無邪気さと愛嬌も彼女の魅力ですが、兒玉さんのファンの多くはこの子のひたむきな一生懸命さに何よりも魅かれ、だからこそ応援したいと強く思うのです。

↑ PAGE TOP