? コラム 博多レジェンド公演千秋楽 - 兒玉遥応援サイト「兒玉遥ミュージアム」
Harippi Museum

博多レジェンド公演千秋楽

2014/04/18
 2014年4月17日、博多レジェンド公演が千秋楽を迎えた。メンバーはチームH15人とみなぞうこと今田美奈。いままでいろんなまとめサイトでスター軍団と言われたチームだが、 メンバーを見ると改めてすごいと思った。総選挙人気や握手人気とはまた別に、松岡、森保、穴井、村重、田中、本村、中西などは他グループのファンでも顔と名前が一致する有名メンバーとなった。 また何人かのメンバーはゴールデンの特番にも出演した。村重と田中はバラエティ担当としてAKGINGOでショージキ将棋に出演しているが、支店の選挙ノーランカーが出演することがチームHの特殊性を物語っている。 このスター軍団が解体し、チームH、チームK4、そしてちょりはAKB48へとそれぞればらばらになる。他のチーム組閣時期を考えればやはり早いのではないかと思わざるを得ないのだが、 「なんでもありのHKT」らしくこの変化を見届けようと思う。
 博多レジェンドでの私のお気に入りは「ボーイフレンドの作り方」。さっしーとらぶたんが先生役となり、せりを使った学校風の演出がいかにもHKTに合っていて見てて飽きなかった。また 少々マニアックだが、アンコールではるっぴ、さくら、なつ、まどかの4TOPで「さよならクロール」をやった時期があり、これがなんか妙に心に残っている。コンサートはAKB劇場でもやっているのだが、それと比較するとチームHでやったさよクロは本当にエネルギッシュで、 チームが変われば曲もこんなに変わるんだと驚いたものだった。
 博多レジェンド公演ははるっぴにとってどんな公演だったのだろう。私が思うところになんといっても「ガラスのI Love You」と「制服のバンビ」をやったのが一番大きい。前々回のコラムでも書いたが、 それまではるっぴは手つな公演で「Glory Days」をやっており、アイドルチックな楽曲をやったのはこの公演が初めてだった。この公演ではるっぴのパフォーマンスの幅はすごく広がったと思う。 そしてもうひとつ、「君のことが好きやけん」もある。博多レジェンドが始まった当時、この曲はこれほどのHKTの代表曲になるとは思ってもみなかった。代表曲というと大げさかもしれないが、 現にHKT武道館コンサートではオープニング曲となり、HKTのさまざまなイベント、ライブ、コンサートで必ずと言っていいほど歌われる楽曲となった。リクアワでも69位にランクインされ、 貴重なはるっぴセンター曲としてこれからも歌われ続ける曲になればいいと思う。
 はるっぴがgoogle+で書いた通り、はるっぴセンターは今回でしばらく見おさめになる。これがしばらくなのか最後となるかは分からないが、推しとしてはやはり寂しい。ただ、当然はるっぴがどんなポジションにいようとも応援する気持ちは関係ない。 これからもこのサイトで精いっぱい推していく。