? コラム それは当たり前ではない - 兒玉遥応援サイト「兒玉遥ミュージアム」
Harippi Museum

それは当たり前ではない

2014/05/31
 もう投票終了まで1週間を切った。くどい内容だと思われるかもしれないが、やはり後悔したくないので書いておく。
 はるっぴ推しのみなさんはHKTにおける今のはるっぴの位置をどのように考えているだろうか。

 なんだかんだ言ってずっとフロントポジションがもらえると思っているだろうか。

 なんだかんだ言ってずっと兼任が続くと思っているだろうか。

 なんだかんだ言ってずっとロッテの団扇を作ってもらえるようなメンバーでいると思っているだろうか。

 去年の今頃はまだ1stシングルスキスキスキップが出て間がない頃。彼女が2ndシングルではセンターに復帰できるかもしれないと思っていたころ。 はるっぴはまだチームHのセンター。あれほど早くクラス替えを行いチームセンターまで外されると思っていなかった頃。 私たちめろっぴはこう思っていたはず。

 なんだかんだ言ってチームHセンターは当分はるっぴだ。

 でもチームHセンターを変えるシナリオをドライに実行された。 こんなことを書くと他のオタの人達は「なぜそんなにセンターにこだわるんだ」と言う人もいるだろう。でも一年前はそんな他オタの人達でさえ(当然全員ではないが)「まさかそこまでやらないだろう」と思っていた。
 誤解のないように言っておくと、センターにこだわると言っているのではない。はるっぴのHKT内におけるポジションはこの1年常に落とされ続けているということを言いたい。 はるっぴはセンターでない今でも十分いいポジションをもらえている。夏曲にはAKB選抜として呼ばれ、チームKと兼任しいいポジションをもらえている。 最近だと4Topでグラビア出演しているが、センターのめるちゃんをさしおいてグラビアの先頭を飾っている。
 しかしこのポジションが当たり前のように続くと思ってはいけない。そうならないことをこの1年ずっと経験してきた。 はるっぴは他の3人のようなHKTセンター、チームセンターではない。運営が推す必要のある肩書きは何も持っていない。 ゆえに今度の総選挙の結果によっては(もしくはそんなものに関係なく)もっと序列を落とされることは十分ありえるのだ。
 彼女をHKT、AKBの中でももっと上位に飛躍させてあげたい。去年はるっぴをブラックホールから救ったときのように、彼女がどんな状況に立たされても前を向いて頑張れる確かなものをプレゼントしたい。 はるっぴ推しの皆さんはぜひ彼女にAKB選抜をプレゼントしてほしい。そのためにはるっぴにあらゆる手段(CD、柱、モバメ)を使って投票してほしい。 投票が無理という方はツイッター、インターネット、掲示板を使って彼女への投票の宣伝をしてほしい。 彼女が今どんな心境でいるかは分からない。もしかしたら最近までブラックホールにいたのかもしれない。 でも最近の公演を見るかぎり、速報10位という結果は少なからずいい状態にしているように見える。 これをこの1年続けられるように。そして18歳になる今年、さらなる飛躍を遂げられるように、彼女を選抜のステージへ上げよう!