? コラム 人気拡大のためにできること1 - 兒玉遥応援サイト「兒玉遥ミュージアム」
Harippi Museum

人気拡大のためにできること1

2014/06/09
 今回の総選挙の結果を受け、来年こそはるっぴの選抜入りを果たしもっと上位を狙いたい。そのためにはメロっぴを1人でも多く増やす必要がある。 このはるっぴ人気拡大を私たちファンの手でサポートする必要があるが、ここでひとつ、人気拡大のための大原則があると思っている。 はるっぴの人気を上げるのはどうすればよいか?これは実ははるっぴ自身が頑張るしかないのだ。ファンの手で人気を上げるという話をする前にこういうことを言うのもなんだが、 これは応援サイト運営を初めて2~3カ月くらいで痛感したことである。はるっぴの人気を上げるためにこのサイトを立ち上げたが、まだまだコンテンツが不足しているのか、 それとも質が低いのか分からないが、なかなかアクセス数が上がらなかった。ただはるっぴがテレビで活躍したとたんにアクセス数は跳ね上がる。 インターネットというのは基本検索サービスなどで利用者が情報を求めないと、その情報は人の目に触れることはない。ここが情報を垂れ流してるテレビやラジオと異なる点であり、 そのためどれだけ立派なサイトを作っても興味のない人の目に触れることはほとんどないのだ。ちょっと話題がそれたが、私たちファンはつい自分たちの手で メンバーの人気を上げることができると錯覚してしまう(特に私のような応援サイト、ブログを書いている人間)。だがこれは違って、やはりはるっぴの人気を上げるのは彼女自身の頑張りしかないのだ。
 それでは私たちファンは何をすればよいか?それは彼女が自分をアピールできる場を提供することだと思う。先日のガムマジック部のソロCMがいい例だと思う。 あのように投票系イベントを利用しファンの手ではるっぴの活躍するステージを作りだす。リクアワもそう。はるっぴが参加している曲に投票してはるっぴにアピールの場を与える。 (そういう意味で言うと総選挙もそうなのだが、これは通信簿みたいな側面もあるのでこれについては除外。)握手会だってはるっぴがアピールしてファンを獲得する場であり、 握手会レポを書いてうまく握手会に来るよう誘導したり、ぐぐたすも面白いと思った記事をtwitterで流して宣伝するのもこれに該当すると思う。
 「そんなのもうやってるよ」というのを羅列したが、要はこの「一番頑張らなきゃいけないのははるっぴ自身」であるということ、「私たちは彼女が頑張る場を作る」という ことが大事だと言いたい。  もうひとつ。彼女が「頑張れる」ようにするにはどうしたらよいか?私たちの言葉で彼女を励まそう。ファンレターを書く、ぐぐたすにコメントする、握手会に行くなどして 応援する、支えるメッセージを彼女に届けよう。私たちが思っている以上にはるっぴの励みになると思う。そのためにぐぐたすの+1、握手会に積極的に参加しよう。 そうすればそれは彼女の元気の源となるのに加え、はるっぴの握手人気、ぐぐたす人気の向上にもつながる。特に握手会に行ったことがない人(結構多そう)は ぜひ行ってみることをお勧めする。年なんか関係ない。1枚でもいいから握手券を買ってはるっぴが頑張れるように応援の言葉を伝えてほしい。
 これらを実践するのは1人でもできるが、やはりメロっぴとして組織的に動いたほうがより大きい効果が出ると思う。 ガムマジックのような投票系イベントはこれからもあるだろう。 そのためにtwitter、google+のコミュニティで定期的に見たりコメントしたりして日常的にはるっぴの情報発信、受信をしていくことが重要だと思う。
 まとまりが悪くてすみません。結論としては
はるっぴに頑張るステージを与えるために、日頃からはるっぴの情報発信、受信を行い、いざというときに組織的に動 けるようにしよう!
■握手会、ぐぐたす、ファンレターではるっぴを励まして、はるっぴが頑張れる原動力となろう!

ですね。お願いします!!