? コラム 人気拡大のためにできること2 - 兒玉遥応援サイト「兒玉遥ミュージアム」
Harippi Museum

人気拡大のためにできること2

2014/06/09
 前回のコラムではるっぴがアピールできる場を作ることが重要と書いた。でもそれだけでは足りない。ガムマジック部のソロCMに出て 「あ、この子可愛いな」と思うだけではメロっぴにはならない。そこから総選挙で投票するようなメロっぴにするには彼女のことをより深く知ってもらう必要がある。 ここで応援サイト、応援ブログの出番となる。はるっぴに興味を持った人はインターネットで検索をかけてくる。そこでブログなどで 彼女の魅力が詰まった画像、動画、コラムを見てもらいより深く好きにさせよう。もういろんな方がはるっぴの応援ブログを書いてるが、 ここでぜひとも誰かにやってもらいたいことがある。それはSNSを利用した応援ページを作成することである。
 最近だとガムマジック部投票の影響もあり、twitterでのはるっぴ情報発信が充実してきたが、他のSNSでも誰かにはるっぴ情報を発信できるページを作ってほしい。 SNSは情報交流が集中する場であり興味がある人が効率よく興味の対象を見つけることができるし、SNSでページを作ればその人達の目につきやすくなる。 当然AKB中心のページにはAKBファンの人達が集まりやすくなるのでぜひ利用したいところである。 ここで誰かにページを作ってもらいたいSNSが二つある。
 ひとつはFacebook。ガムマジック部の企画でアカウントを取った人はたくさんいると思うが、twitterにくらべて敷居が高くあまりはるっぴファンの間では使われてないように思える。 FacebookにはHKT各メンバーの応援ページを作っている人達がいるが、特にさくらの応援ページはAKBG屈指の規模といっていいくらいにほぼ毎日なんらかの画像、動画を更新しており、 イイねの数(約7000!)と常時使用者(記事を更新すると一気にイイねが100くらいつく)がとび抜けて多い。 ガムマジック企画でこのページが本気出してればおそらく負けてたと思う。それに対しはるっぴの応援ページを作っている人もいるが、更新頻度が少ないためか(もし作成者がこの記事を見てたらすみません) ページのイイねの数(600くらい?)はさくらは当然だが他のメンバーと比較してもなぜか低い。AKBG関連のページもたくさんあるため、ここにはるっぴファン拡大の大きな土壌があると思っている。 私も兒玉遥ミュージアムFacebook支部という名前で応援ページを作っているが、本サイトの更新があるためなかなかそこまで手が回らない。なのでここは誰かに Facebookで新たにはるっぴの応援ページを作って、Facebookでメロっぴを開拓していってほしい。
 もうひとつはアメーバブログ。かつて多くのAKBメンバーが使用していたブログサービス(さっしーのブログも健在)であり、いまでこそgoogle+にその役目を渡しているが、 現在もゆきりん、きたりえ、あきちゃなどの有名メンバーはこのブログを日々更新している。なんといっても 日本最大のブログサービスであり、多くの芸能人、タレントが利用していることでも有名。あまり使用したことがないのでSNSとしての機能はよく分からないが、 ここも多くのAKBファンが集まるネットサービスであると思われる。はるっぴの応援ブログもいくつかあるが、更新されていない、限定公開とかであり、 ここでも誰か誰でも見れるはるっぴ応援ブログページを作るとファンが見てくれるのではないかと思う。
 他のブログやサイトと内容がかぶるからと躊躇する人もいるかもしれないが、お互いお見合いになってお披露目されない情報があるくらいならかぶったほうがいい。 上記SNSに限らず、みなさんブログを書いてネット上でメロっぴを増やそう!