? コラム 4thのポジションについて - 兒玉遥応援サイト「兒玉遥ミュージアム」
Harippi Museum

4thのポジションについて

2014/07/12
 HKT48の4thシングルの発表がおそらくではあるが7/13に行われると思う。 誰が選抜に選ばれるかはおいといて、はるっぴはよっぽででない限り選抜には選ばれると思うので、彼女のポジションについて予想してみる。悲しいことに、はるっぴはおそらくまたセンターではないなぁと思ってしまう。 これは、ビジネスとしてみたときの予測でもあるし、誤解を恐れずに言うならばはるっぴオタとしての願望でもある。
 ビジネスとして見たとき、CDを多く売るにはどうすればよいか、HKT48を売る出すために何が一番効果的かを考えると思う。もちろん個人を売り出したいとしたとき、 それを目的にセンターに抜擢するというのもあるだろうが、それも含めてやはり長期的、短期的戦略の面からセンターは選ばれるべきだと思う。 そう考えた場合、はるっぴの優先順位はかなり低くなってしまう。一番可能性があるのはやはりめるみお。よくHKT48のセンターは流動的といわれるが、 デビューシングルからずっとセンターはめるちゃんである。いわゆるHKT48としてのイメージ戦略としてセンターはある程度固定するのがいいと思うし、 そういう意味でのめるみおセンターである。 本当はめるちゃん単独センターがいいと思うが、みおちゃんもフロントに置く必要があると思うのでこの二人のWセンターが一番可能性高いだろう。 次に可能性が高いのは、選抜入りしたさくらたん。これは話題性という意味でCD売上に大きく貢献できるという意味でセンター抜擢がありえる。 こうなった場合、はるっぴもWセンターとしての可能性が出てくるが、さくら単独センターの場合は2列目、もしくは3列目という可能性もある。 ただこれは評価が低いというわけではなくフォーメーションのバランスの問題があるため。今回はまどかとのシンメになるかもしれない。 その次の可能性がはるっぴ、もしくはなこだと思う。なこみくのWセンターはあまりにも幼すぎるイメージが強くなるためないと思う。あるとすればなこ単独。
 はるっぴ単独の可能性とすれば、さくらと同じ総選挙の結果とセンターへの復帰という話題性を目的としたものになると思うが、自分としては今回は少しタイミング悪いなぁと思う。 そういう意味で言うと去年の2nd CDは総選挙ランクイン、スピーチの話題性とともにいいタイミングだったと思うのだが、今年の総選挙でそれだけのインパクトが残せたかというと疑問である。 これは私の勝手な願望であるが、もしはるっぴがセンターに選ばれる日が来るとしたら、やはり多くのファンに祝福される舞台とタイミングであってほしい。
 ただ、一番大事なのはどのポジションでも一喜一憂することなく、求められるポジションで輝くことだと思う。 センターになることによって進める一歩もあるし、ならないことによって伸ばせる能力もあると思う。 はるっぴとしてはどのポジションになっても、求められるポジションでの活躍を期待するし、私たちもそのポジションに立つはるっぴを応援し続ける。