? コラム AKB48 38thシングル選抜発表 - 兒玉遥応援サイト「兒玉遥ミュージアム」
Harippi Museum

18歳誕生日

2014/09/19
 9月19日、はるっぴこと兒玉遥さんは18歳の誕生日を迎えた。去年の誕生日の時期は「そこで何を考えるか?」がカップリングされたメロンジュースが発売されたすぐあとだった。 一昨年の生誕祭が悔し涙になっていただけあって、去年の生誕祭は総選挙に初ランクインという嬉しさもあったが、 公の場で初めてセンターに対する悔しい思いを口にしてくれた。 そして中学生の恩師がくれた手紙にはるっぴ共々感動した誕生日となった。華のセブンティーンとなったこの一年、はるっぴにとってどんな年になったのだろうか。
 いろんな嬉しい思い、悔しい思いを経験した。どっちかというと悔しい思いの方が多かった気がする。でもただひとつ、一番大事なことは、はるっぴも言うとおり一歩一歩前に進めていることだろう。 センターから外れたとか、センターになったとか、私たちはどうしてもそういうことに一喜一憂してしまうけど、やはり重要なことではない気がする。 もう18歳なのか、まだ18歳なのか分からないが、AKBGの一員としてはまだまだこれから。少しずつでもいいので、彼女の夢が叶うように確実に成長し続けることが大事だと思う。 この1年はまさにそうだった。AKBの兼任になり、成長できる環境があったことが大きかったけど、パフォや立ち振る舞いなどいろんな面で彼女は成長できたと思う。はるっぴの夢はマルチタレント。 HKT48を辞めた後もタレントとしてやっていくには人気だけではなく確かな芸能スキル(歌、ダンス、トーク、演技)などが必要になってくる。もちろんAKBG内で 人気を獲得することがその先の将来にもつながっていくが、その一方で人気は水物であることもある。そいうい外的要因には左右されない確かな実力を身につけることが 今この時期に必要だと思う。そしてどんなポジションでもその位置を考え輝くことが一番大事だと、センターになった今でもそう思う。
 これからの1年もいろんな嬉しい思い、悔しい思いをしていくだろう。でもずっとこの子を見ていきその気持ちを共有していこうと思う。きっとまた成長した姿を来年見せてくれると思っている。