? コラム 優先順位の低下と危機感の低下 - 兒玉遥応援サイト「兒玉遥ミュージアム」
Harippi Museum

優先順位の低下と危機感の低下

 
2015/03/31
 あまり煽る文章を書くのもよくないと思うのですが。。ちょっとお付き合いください。
 3/29に選抜総選挙の立候補が締め切られました。今回は立候補しなかったメンバーが多く、去年のはるっぴより上位のメンバーでは、 松井怜奈、小嶋陽菜、生駒里奈、川栄李奈、入山杏奈のなんと5人も総選挙を辞退しました。去年の順位を考えると5人くりあがれば はるっぴは16位となり、なんと選抜対象になります。はるっぴがあともう少しで選抜だけどこのもう少しをどうするか・・そんな悩みを いとも簡単に吹き飛ばしそうな今回の立候補メンバーで、はるっぴの選抜入りにも光が見えてきた。。と思われるでしょう。 でも私はこの立候補の状況を見て不安でなりません。もしかしたら状況は悪化してるのではないかとも思います。
 はるっぴの去年の順位である21位という数字。去年は37位であり選抜を狙う宣言をしたときはほとんどの人が無理だと思っていたとことでしょう。 しかし今年は21位という順位であり選抜の候補として結構名前が挙げられる立場になりました。また現在HKT48のセンターとういこともあり、 おそらく今までの総選挙で一番支援票をもらいやすい状況にあったと思ってます。しかし、今回辞退者が発生した結果、その21位という数字が16位になってしましました。 これによりもう支援しなくてもかなりの確率で選抜に入るだろうという空気になり、支援票を得る優先順位が低くなったと思ってます。 総選挙CDにHKTメンバーが5人も入っている状況を想像すれば、ぜがひとも実現したいと思う人も出てくるでしょう。 そしてそれが実現可能な順位までもりぽもみおちゃんも上がってきてます。 そしたら博多の支援票はどこに行くか?それは次に選抜を目指せる立場にある森保、朝長陣営に流れると思ってます。 同じHKT48としてもりぽやみおちゃんが上の順位に行くことはそれはそれで嬉しいことなのですが、はるっぴとしては博多内での 序列を維持するためにはやはりこの二人にも負けられません。が、この二人も有力な選抜候補です。特にもりぽは単独CMを獲得したりと凄い勢いを感じます。 もしもりぽに支援票が流れ、はるっぴが抜かれて選抜逃したとなれば。。はるっぴにとって単純に選抜になれなかった場合よりも最悪のシナリオになってしまいます。 要は今回の5人辞退により、当初想定したよりもはるっぴの票は減り、もりぽ、みおちゃんの票が増える状況になったと思ってます。 他の票の動向を気にする前に自分たちの票を獲得することを考えるのが大事だとは思いますが、支援票は確実に存在します。 その対象がはるっぴになることが私はなくなったと思っています。
 そして何よりも、はるっぴファンが今回の結果により選抜に入るものだと安堵して票数が減ることを一番恐れています。 はるっぴの握手人気はお世辞にも選抜クラスとは言えません。それでも一昨年、去年と総選挙で結果を出してきたのは 常にポジションの危機にさらされてきたからだと思っています。今年はHKT48センターという地位に居ることにより、 ずっとあったはるっぴファン全体の危機感がなくなっているように思えます。
 3/29に久しぶりにはるっぴと握手をしてきました。最後に総選挙の話をしたのですが、 「今までの総選挙で一番不安」と言ってました。「一昨年(初ランクインした総選挙)よりも?」と聞くと、「うん」と答えました。 私は圏外で迎えた一昨年の総選挙を超える危機感はもうないと思ってましたが、後がないという意味だと今年も同じ状況になったと思ってます。 めろっぴのみなさん、今一度はるっぴのモバメを読み返して、気を引き締めて選挙に臨みましょう。