? コラム HKT48全国ツアーファイナル - 兒玉遥応援サイト「兒玉遥ミュージアム」
Harippi Museum

HKT48全国ツアーファイナル

 
2015/07/01
 6/27、28に横浜アリーナでHKT48の全国ツアーファイルが公演されました。2014年春にSSAでも単独コンサートをやってるので埋まるとは思っていましたが、 まさか追加公演(6/28の昼)もあるほどとは。そういう私は今回は参加してないのですが、いろいろネットとかで仕入れた情報をもとに振り返ってみます。
 まずドラフト生お披露目がありました。村川緋杏さんはめるみおとの3人で「ウィンブルドンへ連れてって」、松岡はなさんはさっしーらぶたんとの3人で「クロス」、 今村麻莉愛さんははるさくとの3人で「マリア」を披露しました。みなさんの注目はびびあんちゃんかもしれません。実際いろいろ評判を聞くと独特の愛嬌もあって はすこぶる評判がいいです。これは実際見てみないとわからないでしょうね、早く劇場お披露目見たいです。でも私はやはり推しが出てる「マリア」が見たかったです。 小さなまりあちゃんを支えるはるさくの出で立ちが画像から見てもものすごく頼もしく見えます。 HKT48の風神、雷神というか、飛車角というか、主役でなくても存在感を放ち、なおかつ主役をいっそう際立たせる様は、やっぱりHKT48がかつて作り上げた一つのアイデンティティであり 見てて安心できる形なのだと実感しました(このコラムでも書いてます)。
 セットリストは新たに設定されたようで、注目はいままでテレビ含めて一度も披露されてなかった「大人列車」が入ってました。選抜発表したらすぐに 「12秒」の発表となっていたので、せっかく初選抜されたメンバー(坂口さん、駒田さん、冨吉さん)のオタさんはもどかしい気持ちで待っていたのではないでしょうか。 すごくいい歌なので、「初恋バタフライ」、「ウィンクは3回」と同じようにコンサート常連の曲にしてほしいです。はるっぴの冒頭のソロ聴きたい。これはDVDが出るのを待ちます。
 はるっぴのソロといえば、「控えめI Love You」でセンターになって以降、全国ツアーでソロを歌う場面が多くなりました。今回もいつくかソロの場面(泣ける場所など)あったようです。 ただ、これはHKT48のツアー、さらに言うならはるっぴがセンターだからこそできたことであり、ツアーがなくなる今後、はるっぴが一人で歌う場面はかなり少なくなるでしょう。 あの歌声は癖になるので本当に惜しいのですが、できるならはるっぴ生歌を聴ける場面を増やして欲しいです。
 さて、これでHKT48のツアーはひと段落します。しばらくHKT48のコンサートは見れないかもですが、博多座の公演も発表されましたし、なんらかの形でツアーでなくてもいいので 特別公演というかそれなりの規模のコンサートを定期的にやれないかなぁと思います。まあ定期的といっても1年とかそれくらいになりそうですが。 本当は地元でそれなりの規模でコンサートできるのがいいですが、SSA、横浜アリーナとなるとちょっと思い当たらないですね。その上でしたら先日総選挙が開催された ヤフオクドームになりますがまだ早いでしょうか。