? コラム TIF大人列車感想- 兒玉遥応援サイト「兒玉遥ミュージアム」
Harippi Museum

TIF大人列車感想

 
2015/08/05
 先日TIFに関する感想を書きましたが、今回はその中でも注目した「大人列車」について感想を書きたいと思います。 大人列車はGreen Flushのカップリング曲としてMVは公開されてましたが、テレビ、コンサートでの披露はずっとありませんでした。 初披露は6/27、28のHKT48全国ツアーファイナルで選抜メンバー(ようやく!)で行われました。大人列車が初選抜のメンバー(坂口さん、駒田さん、冨吉さん)もいましたから 本当に待ちにまったでした。ただ私自身はツアーを見にいけてないので、今回のTIFが初めての視聴となりました。
 最初見た感想ですが、めっちゃ踊ってるなぁと。おそらく今までのHKT48シングル、カップリング含めた楽曲の中で一番ダンスが激しい曲になってると思います 最初のはるっぴのソロの印象が強かったのでじっくり歌う曲だと思ってました。 でもだからこそ今までのHKT48曲では見れなかった、はるっぴらしい躍動感あふれるダンスを披露してくれます。 しかもはるっぴ単独センター。控えめI Love Youでも一応単独センターでしたが、どちらかというとさっしー、さくらとのローテーションセンターだったので少し物足りなかったのですが、 この曲は終始はるっぴが真ん中に立って、堂々としたパフォーマンスを見せてくれます。また、激しいダンスの中でもはるっぴおなじみのぷっくりする顔を見せてくれます。 これは意識してるのか癖なのか分かりませんが、激しいダンスだと普通は笑顔を作るのが精いっぱいだと聞くので、 パフォーマンスの中に多彩な表情を見せることができるのは、もしかしたらはるっぴの他の人にはない才能なのかもしれません。 惜しむらくは、はるっぴの音声がはっきりと聞こえなかったこと。ただ、前回のコラム書いた時には気づかなかったのですが、 この曲の前にさっしーがマイク音声の指示を送ってます。多くのグループが参加している音楽祭なのでリハーサルで確認する 手間が無く、マイク音声の準備が不十分だったのかもしれません。
 この曲、改めて聴いてみると疾走感半端なく、披露されてライブ中の熱が高まっていくのをひしひしと感じました。 できればメロンジュースと同様にHKTライブ必須の楽曲になってほしいですね。