? コラム リクエストアワー2016 - 兒玉遥応援サイト「兒玉遥ミュージアム」
Harippi Museum

リクエストアワー2016

 
2016/01/26
 AKB48リクエストアワーが今年も開催されました。今年はAKB単独とグループで分かれた開催。 私は主に2本柱で投票したのですが、ひとつの柱で単独、グループそれぞれ投票できたので 例年とは違った投票の楽しみ方ができたと思います。ちなみに今だから言いますが、 私は単独はサーフボード、グループは大人列車に投票しました。 去年はかなり詳細にリクエストアワーに関するコラムを書いたのですが、今年は HKT48の出番がかなり偏っていたために本コラムのみということでご了承お願いします。
 以下、HKTメンバの曲関連のランクイン曲です。
 82位 いじわるチュー
 57位 ハワイへ行こう
 40位 微笑みポップコーン
 39位 Buddy
 25位 さよならサーフボード(はるっぴセンター曲)
 23位 しぇからしか!
 20位 彼女(宮脇さんソロ曲)
 19位 水の中の伝導率(穴井さんセンター曲)
 18位 カメレオン女子高生
 15位 夢見るチームKIV
 13位 12秒
 11位 メロンジュース
  9位 マドンナの選択(田中さんセンター曲)
  6位 大人列車
  4位 ハロウィン・ナイト(指原さんセンター曲)
 HTKの曲以外では、各メンバーの代表曲であり、HKT曲の順位に大きな影響を与えたであろう曲のみ(私の独断と偏見で)ピックアップしました (HKTのCD関連の曲は全部ピックアップしたつもりです。もれ無いよな・・)。 前述したとおり、ここにあげた15曲のうちなんと13曲が40位以内。さらに言えば、9曲が20位以内になります。 リクアワ最終日の昼と夜に集中していたことになります。これはHKT48の曲数が少ないこともあるのですが、 各メンバーの代表曲がまだ少ないために他のグループと比較して新曲への集中が大きくなっているのが 理由だと思います。その中で、カメレオン女子高生、Buddyやマドンナの選択など、今後各メンバーの代表曲になるであろう曲が いくつか出てきてます。こういう曲が積み重なっていって、他グループのように順位は下がりますが厚みのある ランクイン状況になっていく気がします。逆にはるっぴ、さくちゃん、なこちゃん辺りは代表曲が今後も増えていく感じがしますね。 もちろんはるっぴに関しては今後もセンターが続くかどうかわかりませんし、もしめるみおセンター曲が新たに出れば そちらがメロンジュースに変わるめるみおの代表曲になっていくと思います。
 いやー、しかししぇからしかが入るとは思わなかった(笑)。やっぱ最新シングルは強いですね。 あとメロンジュース。多少は箱推しの票も入っているでしょうが、噂ではめるみお推しの人が投票したみたいですね。 それにしても他の曲含めてこれだけ上位に来るとは思ってませんでした。メロンジュースは去年65位でしたから。おそらく例年なら上位に入るAKB曲が単独のほうに集中し、 グループの方では弱くなってるのだと思います。その分グループ独自の曲の順位がアップしてる感じですかね。
 はるっぴ推し曲のさよならサーフボードは25位でしたね。単独では10位だったので、結構下がっていますが、 多分私のようにグループは大人列車に投票した方が多かったのだと思います。そんな大人列車は6位とHKT曲としては 歴代最高順位を記録しました。これははるっぴに加えて、りこぴ、ぴーちゃん、トミヨシのいもむchuメンバー推しの投票および 箱推しの方々の力の結集の結果だと思います。しかしそれでも6位でしたね。ここから上に行くには さっしーのような超選抜級のメンバー推しの力が必要か、それとももっと大勢のメンバー推しの力の結集が必要なのか。 今回の大人列車は事前にかなり手ごたえを感じたのですが、それゆえ今のHKTの限界も見えた感じですね。
 さて、リクアワが終わってアンコールでAKB48 43rd CDの初お披露目がありました。そう、さくちゃんの単独センターですね。 これはびっくりしたのと同時になるべくしてなった抜擢だと思います。OGが参加とはいえやっぱりこれからのメンバーに 立ってもらうべきだと思うので。ただ、AKB内からの選出にこだわるのかなーと思ってたので、まあ人気、実績を見て素直に選んだ感じですね。 さくちゃんも3月に18歳になるのでそのタイミングを狙ってきたのだと思います。 ただ、最近マジすかも終了してHKT48の番組に久しぶり出たりとようやくHKTの活動も 多くなるかと思ってたのですが、これだとまたAKB48の活動が主になりそうですね。 立場が中途半端でなかなか大変だと思いますが、頑張ってほしいです。
 はるっぴははるっぴで頑張らなければならない今のフィールドと目指すべきフィールドがあります。 ここを確実にステップアップすることが大事です。