? コラム NMBの映画との対比(ネタばれなし) - 兒玉遥応援サイト「兒玉遥ミュージアム」
Harippi Museum

NMBの映画との対比(ネタばれなし)

 
2016/02/01
 前回はDocumentary of HKT48の話でしたが、その翌日にNMB48の映画も見てきました。同じ映画館で上映されてたので気になってたというのもありますが、 NMB48の方は職業監督さんということで、色々ネットで見るその内容についても興味深く、ぜひHKT48の映画と見比べたいと思ったので見に行きました。そしてそのすぐ後に続けざまHTK48の映画を見たのですが^^; 極力ネタばれなしで感想書いていきますが、「こんな話があったよ」くらいは書かせてください。
 前回のコラムで書いたHKT48の映画への不満点として「アイドルの世界を見る第3者的視点の欠如」を上げてました。決してこうしなければいけない、 というものでは当然なく、ただHKT48ファン以外の方が興味引くものになっているのかなーと思ったものです。 NMB48の映画を実際見てみると・・ なんと(というか当然かもしれませんが)、アイドルドキュメンタリーの王道的な作りで、「これだよこれ」、「待ちに待った」と見始めてすぐにテンションMAXになりました。 大阪という地でのアイドルグループの誕生から活動紹介、メンバー紹介と見てる人にまず今からはじまるドキュメンタリーの バックボーンの説明を入れてました。こうすることによって、NMB48を全く知らない人にもAKBGのマイノリティー文化の世界に容易に入れるようになるのです。 さや姉、みるきーの紹介から入り、そしてメインキャストの登場となる。ここまで来る間にも劇場とは?握手会とは? などの知識が説明されており、そこからどっぷりNMBの内に入りドキュメンタリーが始まります。 面白いのはメンバーの対比の仕方。HKT48のドキュメンタリーも同じ形をとっており、明暗分かれる形で書かれています。さらに言えば、 ドキュメンタリーって「暗」に属している方が苦悩のドラマが書きやすく主役になるんだなと思いました。 矢倉楓子さんははるっぴにもゆかりのある私も大好きなメンバーで、主要メンバーとして多く取り上げられてて嬉しかったです。 ライブシーンはHKT48よりも多めだったと思います。このシーンは素晴らしかったです。映画館の大スクリーンで独特のカットで見るのは 思わず魅入ってしまいました。
 さて、自分が望んだドキュメンタリーの姿がそこにあったのですが、それがHKT48よりも良かったか?問われると・・ 実は「何か違うなー」という感想を持ってしまったのです。なぜだろうと考えてみたのですが、ちょっとドキュメンタリーとして テンプレート過ぎたと思います。もう少し言うと、NMB48でなくても成立する内容で、アイドルのドキュメンタリーで終わってしまってたと思います。 もちろんこれはHKT48の映画でも言えるかもしれません。自分の推しグループならば同じような内容でもきっと楽しめると思うので。 過去のAKB映画でもここまでアイドル世界の説明に終始した映画はないと思います。ただ、本当の本当にAKB48を知らない人にとっては やはり大事な部分なのかもしれません。その一方で私たち普段からAKBの世界にはまってるファンにとっては冗長ではあると思います。 あとやはり監督とメンバーの距離の違い、これをあからさまに感じました。どのシーンかは具体的には書きませんが、双方の映画で同じようなテーマの 場面があり、そのシーンが与える印象はこうも違うものかと思いました。 起こった事象を俯瞰的に見せるNMB48に対し、内に入り込んで個に密着して見せるHKT48。正直どちらがいいか分かりません。 何も知らない人が見たらどっちをいいと思うのだろう。
 ただこういったNMB48を見る視点が、今自分たちが熱中している世界を世間がどのように見ているかを私たちに再認識させてくれます。 それはとても大事なことではあるのですが。 ラストシーン、外部の監督ならば興味深い、是非とも映画として取り上げたい内容かもしれません。しかしそれを 見るファンはいったいどのような心境を抱くのか。見たくない事実から目をそらすのは違うと思いつつも 事実と涙を見せながらも重くなりすぎないようにしたHKT48の映画は、これはこれでありなのだと思いました。