? コラム HKT48としての総選挙結果2016 - 兒玉遥応援サイト「兒玉遥ミュージアム」
Harippi Museum

HKT48としての総選挙結果2016

 
2015/06/27
 はるっぴの第9位の余韻に浸りながら、いろいろ取り上げたい話題も出てますが、まずは例年恒例の HKT48総選挙を振り返ってみます。

[アップカミングガールズ]
80位 村重 杏奈 13,058票(圏外)
72位 秋吉 優花 13,961票(圏外)

[フィーチャーガールズ]
60位 駒田 京伽  16,691票(圏外)
59位 坂口 理子  16,839票(37位 20,936票)
58位 植木 南央  17,898票(72位 13,961票)
53位 神志那 結衣 19,377票(46位 18,085票)
50位 森保 まどか 20,228票(43位 19,401票)

[ネクストガールズ]
48位 井上 由莉耶 20,643票(圏外)
46位 松岡 菜摘  20,980票(51位 17,387票)
45位 田中 美久  21,009票(圏外)
43位 田島 芽瑠  21,864票(32位 22,191票)
42位 冨吉 明日香 21,881票(圏外)
40位 渕上 舞   22,995票(31位 22,487票)
36位 本村 碧唯  25,613票(80位 13,116票)

[アンダーガールズ]
28位 矢吹 奈子 28,706票(圏外)
23位 朝長 美桜 31,314票(21位 28,197票)

[シングル選抜]
9位 兒玉 遥  60,591票(17位  43,985票)
6位 宮脇 咲良 78,279票( 7位  81,422票)
1位 指原 莉乃 243,011票(1位 194,049票)

 HKT48からは19人のランクイン。去年は15人でしたので4人増えてます。初ランクインが秋吉さん、井上さん、田中さん、冨吉さん、矢吹さんの5人です。 あと復帰したのが村重さん、駒田さんの2人ですね。逆に今年ランクインしなかったのは、基本的に辞退、卒業したメンバー(穴井さん、多田さん、岡田さん) です。この数字だけ見れば去年以上のHKT48旋風が吹いてる気がしなくもないですが。嬉しいランクインもあれば妙に残念な気持ちもあるのが・・
 なこみくの二人、無事ランクイン出来ました!さくちゃんやはるっぴが初ランクインしたときとは本当にランクインの難易度が上がっているのですが、 今回の二人の得票数はみくちゃん21,000票、奈子ちゃんに至っては28,000票ととんでもない数字を叩き出してます。特になこちゃんは個人的にははるっぴの次に ランクインが嬉しかったです。去年の生誕祭、ドキュメンタリー映画など、大きなプレッシャーの中で迎えた今回の総選挙。見事な結果が出て解放感ハンパなかった。 初ランクインでは、速報でも順位が高かった井上さん、そして冨吉さんがネクストガールズですが、そのまま高順位を維持した感じです。 秋吉ちゃんは速報81位で本番どうなるか心配でしたが、72位に入れてきましたね。冨吉さんもそうですが去年速報に入っているメンバー は選対というか地力がきちんとある感じです。順位を上げてきたのは本村さん、松岡さんですね。 本村さんは去年80位でランクを下げ、その影響なのかどうかがわかりませんが、7thシングルでは選抜から外れてます。 そのときから本村さんファンの方の非常に熱い応援が見られたので、ヲタの方々が奮起した形でしょうか。票数的にも一昨年の16,000から大きく上げてます。 もともと握手人気もある子なので、穴井さんの卒業もあり選抜復帰の可能性が出てきたと思います。
 その一方で、やはり全員が上がれるわけではないのですが、今年は上がるだろうと思ってたメンバーが軒並み順位を下げてます。 ただ、票数的に下がったのは坂口さんくらいで、他のメンバーは票数を上げながら順位が下がってます。これはフィーチャー、ネクスト、アンダー で見られる現象で、逆にシングル選抜16位~6位は票数を下げています(はるっぴが今回9位という高順位になったのもこの恩恵です)。 しかし、20,000票のもりぽが50位って・・。18,000票で37位になれたときが懐かしい・・。 去年からの票数の変動を見ると、18,000~22,000票くらいまではなんとか行くものの、そこから先がなかなか難しそうです。 みおちゃんは辞退者を含めると暫定15位で、選抜を狙える位置でもあったのですが順位を落としてしまいました。 しかし票数としてはきっちり伸ばしています。去年も思ったのですが、どんなに辞退者が出ても選抜ボーダーは それなりに40,000票前後で落ち着くんだなぁと。これは結構不思議なことだと思うのですが。辞退者の票が流れているのか、 一人当たりの票数が伸びているのか。これは全体的の傾向でもあるのですが、本店メンバーが伸びてますね。 特にみおちゃんを抜いて行ったのは軒並み本店の若手メンバーでした。 やはりAKBの持つファン数が多く、モバメ、モバイル票の増加がここに一番影響が出てそうな気がします。
 さくちゃんの票数が減ってるのも少し気になります。握手人気やその他の指標からするとファン数は今でも増え続けてるように思えます。 おそらくですが、上位メンバーが経験する壁にさくちゃんもぶち当たっているようです。 ここまでの上位メンバーとなると、劇場にもなかなか出ず、握手券も取れないなど、現場で楽しむことがなかなか難しくなってきます。 そういったファンの減少が今回のさくちゃんの票に表れているのだと思います。 さっしーについては・・もう何も言えません。すごいの一言。さっしーは上述のように現場でなかなか会えない代わりに 常にテレビでファンを獲得している状況ですからね。1人1票でもさっしーが1位になるのではないでしょうか。
 あとは・・速報でランクインして本番では惜しくも駄目だった1期生メンバー、若田部さん、田中さん、下野さん、今田さん、 そして中西さん。個人的に1期生に思い入れがあるだけに残念でした。でも今年のこの結果が来年のひとつの指標になると思います。 来年こそは・・ですね。そしてはるっぴに関しては来年も・・です。次の1年が始まります。